たのしいいもの

第1弾「和える(aeru)」さんより
山中漆器のこぼしにくい器

はじめまして!
パパパークとママと!のプロデューサーの佐藤詳悟です。
パパそしてママが楽しい気持ちになって、かついいもの。

それを毎月紹介し、1名の方にプレゼントしてしまおうというコーナー。
それが「たのしいいもの。」です。

初回は、伝統産業の職人さんと、こどもたちに使いやすいものをつくって販売している
「和える(aeru)」さん。をご紹介します。

こちらでは

「子どもたちに日本の伝統をつなぐ。」

をテーマに、
伝統産業の職人さんにとってもよければ、こどもたちにとってもよい!
そのパパママさんたちにとってもいい!
誰もがハッピーになる商品を企画開発しています。

そんな「和える(aeru)」さんのコンセプトに賛同し、
パパパークやママと!で応援していきたいと思っております。

伝統的な技と、それを子供向けに商品化するアイディアはとてもたのしい気持ちにしてくれますし、
ものは本当にいいものです!

第一回目のメルマガ特典として、
山中漆器のこぼしにくい器を、プレゼントいたしました。

第二回目のメルマガ特典でも、
みんながハッピーになれる「たのしいいもの」をご紹介し、プレゼントしたいと思っていますので、
お楽しみに!


『山中漆器のこぼしにくい器』(外部リンク)

日本の職人さんが子どもたちのために魂を込めてつくった、安心安全な手作りの器。
"返し"がついているので、食べ物をこぼしにくいのが特徴の、子どもも大人もハッピーになれるアイテムです☆

bana.jpg

「子どもたちに日本の伝統をつなぐ」
伝統産業の職人が一つひとつ、想いを込めて大切に作ったモノを21世紀の子どもたちの手に届けたい。この想いから、株式会社和えるは誕生いたしました。
伝統産業品は元来、日常品として親しまれ、日本人の感性を幼少期から育んできました。
けれども、現在の日本からその姿は少しずつ消えているのが現状です。
しかし、弊社代表が全国を回り、実際に見て来た伝統産業は、きらきらとした輝きを失ってはいませんでした。
この輝きをもう一度日本に、世界に発信しなければ。「今こそもう一度、子どもたちに日本の伝統をつないでいこう!」この考えに賛同してくださった職人と共に、本物の良さを子どもたちに伝えていこうと立ち上がりました。
子どもたちが幼い頃から自然と本物に触れられる環境を創出し、豊かな感性を育み、
自国の文化を語れる真の国際人の創出への貢献を目指します。





たのしいいものとは

パパそしてママが楽しい気持ちになって、かついいもの。
それを毎月紹介し、1名の方にプレゼントしてしまおうというコーナー。
それが「たのしいいもの。」です。

メルマガバナー