よしもとママトーク

第四回:旦那さまは「タケト」

今回のママ:ゆかりさん(結婚7年目/1歳の長女あり)
ナビゲーター:加藤智美(よしもと社員)

更新:2013年10月30日

main.jpg

profile.jpgタケト(たけと) 1976年3月2日生まれ、千葉県出身。Bコース解散後、ピン芸人として「タケトソロライブ」など精力的に活動中。パパ芸人としての活動も多い

関連リンク(外部サイト) →よしもと顔検索




1歳の娘・心晴ちゃんを全力で愛するタケトパパ

加藤:今日はよろしくお願いいたします。今日はパパのタケトさんも来ていただいて。今、心晴ちゃんはパパと一緒によしもと本社を探検に行っていますね。

mama01.jpg

ママ:こちらこそ、よろしくお願いいたします。まだ娘が小さいのでパパが一緒に来てくれて助かりました。

加藤:心晴ちゃんはいくつですか?

ママ:4月20日生まれなので、ちょうど1歳なんですよ。

加藤:可愛い名前ですよね~。小春かと思ったら、心が晴れると書いて、こはるちゃん。

ママ:娘がお腹にいた頃から名前を決めていたんです。でも、ちょうど桜が満開の頃に生まれたというのもあって、こはるっていう響きもちょうどよかったかなぁと。

kato02.jpg

加藤:本当ですね! タケトさんのパパぶりはどうですか?

ママ:お父さんはね、まぁ~本当に子煩悩ですよ。全力で娘を愛しているっていう感じですね(笑)。 朝晩が逆転している仕事柄、娘と密に接する時間が少ないので、娘と接することができる時間は本当に全力でって感じですね。あとはたぶん娘が生まれる前から、もともと子供好きなんだと思います。

加藤:確かにタケトさんの心晴ちゃんを見るまなざしから、"娘が大好きだー!"っていうのを感じました。

ママ:とにかく娘が大好きみたいですよ。心晴もパパが好きなので、相思相愛。お風呂も入れるし、ご飯もあげるし、おむつも変えるし、母乳以外のことならなんでもやってくれますね。助かっております。

加藤:それは素晴らしいパパですね。

mama03.jpg

ママ:私が抱っこしようとしても「俺が抱っこする!」って言ったりもします。でも、娘がぐずって泣いていたりするときには「いいよ、私が抱っこするよ」と言うと、 「パパには抱っこさせてくれないんだ......」ってしょげてたりすることもありますね。

加藤:そんなタケトさん、今年、Bコースを解散されたわけですけど、奥さんとして心境はどうでしたか?

ママ:パパがよく考えて、もう決めたことなら、応援しようと。我が家のテーマソングがウルフルズの『笑えれば』と、Eテレの『みいつけた!』のコッシーの『あした わらおう』という曲なんです。
『笑えれば』の中に出てくる歌詞じゃないですけど、いつか最後に笑えればという感じですね。

ママの趣味は手芸。そのプロ級の腕前!

sakuhin01.jpg

加藤:聞くところによると、ゆかりさんは手芸がお上手なんですよね? タケトさんのシャツに刺繍がされているのは奥さんがされたものだと聞きましたが。

ママ:そうなんです。趣味でそういうのをするのが好きなんですよね~。今日はいろいろ持ってきました。例えば、娘が1歳になるので、そのお祝いにしようと思って、買ってきたオーバーオールに刺繍をしたもの(※画像参照)。
でも、これ、私が刺繍してたら、パパが「心晴の1歳の記念なら俺もやる!」と言って、パパも刺繍してくれたんですよ。パパは太陽の部分を担当してくれました。

sakuhin.jpg

加藤:えーー!! すごいですね! これは心晴ちゃんにとっては、すごくいいプレゼントですよね。ご両親が刺繍してくれた洋服だなんて!

ママ:ほかには、妊娠中に編んだおくるみや、親子でお揃いにしたニット帽、ピンやバレッタも手作りして、私と心晴でお揃いにしてお出かけしたりしてます。

加藤:本当にお店で売っているみたいな出来栄え! 本当に器用なんですね~。素敵です。


parka04.jpg

ママ:フードの部分に刺繍した心晴のパーカー(※画像参照)は、パパとお揃いにしてあるんです。パパのパーカーにも同じ刺繍をしてあるので。
今日、パパはこのパーカーを着ているんですけど、「心晴ちゃん、今日そのパーカー着ていくなら、俺もお揃いにしちゃお~」とウキウキしながら選んでいました(笑)。


"ヨメディアンズ"の一員です

mama02.jpg

加藤:そういえば、ゆかりさんは、芸人の奥さまたちのユニット"ヨメディアンズ"の一員だそうですね?

ママ:そうなんですよ~。ご縁があって、ヨメディアンズの一員にさせていただきました 。最初は芸人の嫁として、あまり露出したくないと思っていたので、そういうのはお断りしていたんですけど、「どうしても」と何度もオファーをいただいて、「じゃぁ......」と。

加藤:記者会見に出られたそうですね。


kato01.jpg

ママ:修士さんの奥さまの友紀子さんが元芸人さんということもあって、本当に面白いんですよ。発言一言一言で笑いが起きるので本当に尊敬しちゃいました。
なので、笑いをとるのは友紀子さんにお任せして、私はニコニコしていればいいかなと。

加藤:野々村さんは本当に面白いですからね! 今でも番組の構成や漫才のネタを書かれている作家さんですし。

ママ:自分で記者会見の様子を見返してみたら、声も小さいし、何を言っているかよく分からないしで、「全然ダメじゃん」と思って(笑)。


taketo01.jpg

加藤:そんなことないですよ! でも、今後も活動があるんですよね?

ママ:月に1回程度と聞いているので、声がかかれば、私ができることならやっていきたいなと思っています。

加藤:なるほど~。今日はなんだかほっこりしたママトークでした。ゆかりさんのお人柄って感じですね。ありがとうございました!





よしもとママトークとは

「芸人の奥さんってどんな人?」
「芸人は家でもおもしろいの?」……。
そんな疑問に答えるべく、よしもと芸人の奥さんに、旦那さんの素顔を語ってもらいます。
また、子供を持つママとして、子育てトークも展開! 1歳のママである、よしもと社員の加藤さんを相手に、女同士のざっくばらんな対談スタート!

過去の内容
メルマガバナー